タイをはじめとする東南アジアに特化した特許商標事務所です。東南アジア各地で活躍する企業を弁理士がサポートします。

ENGLISH / JAPANESE

 

海外提携事務所

以下の提携事務所にお客様のニーズに応じてコンタクト致します。 米国・欧州等にも提携事務所がございますのでアジア以外も幅広くサポートが可能です。

   Thailand – タイ提携事務所 –

line

Rouse & Co. International
http://www.iprights.com
イギリスにヘッドオフィスがあり、中東から東南アジア、中国まで各国にブランチオフィスを有しています。当所はその中でも、タイおよび近隣国を管轄するBangkok オフィスと提携関係にあります。
写真はBangkokオフィスの主要メンバー(パートナー/シニアパートナー)達です。私の右隣が所長のMr.Mattei、左隣が常時コンタクトしているMs.Pentrakoonです。彼女はイギリスの大学で高分子化学の博士号をとり、国立チュラロンコン大学の助教授もされています。

rouse pic

このBangkok オフィスを介してマレーシア、ラオス、ミャンマー、カンボジアの最新IP(知的財産)情報を得ることが可能です。また、インドネシア、ベトナム、フィリピンに関してはRouseの各ブランチオフィスを介してIP情報を得ることが可能です。

■2011年9月5日に所長の守田がBangkokオフィスにて、日本の立体商標についてプレゼンを行いました。詳細はこちら»をご覧ください。
■2011年12月1日にRouse & Co. InternationalBangkokオフィスのメンバー5名を講師に迎えて、「タイ知的財産セミナーin名古屋」を開催いたしました。詳細はこちら»をご覧ください。

Domnen Somgiat & Boonma
http://www.dsb.co.th/
チャオプラヤー川に近い伝統的地区にあり、古き良き面影を残す佇まいの建物の中に事務所があります。
Mr. Chakrapat Mongkolsitというパートナー弁護士がいます。品の良い誠実な男性で、私も信頼を寄せる人物です。

Nagadatta & Doyle LTD
http://www.nd-ip.com/
バンコク北東部の下町にあります。しかし建物は新築で近代的です。地場をしっかりカバーするローカル色の強い事務所です。
パートナー弁護士のMr. Nagadattaは日本大好き人間です。もっともワインも大好きですが。警察にも顔が利きますので、知財の刑事事件に向いています。

 

  Singapore – シンガポール提携事務所 –

line

patrick mirandah co.
http://www.mirandah.com/
Mr. Mirandaはもともとマレーシア出身です。現在、この事務所は広く東南アジアに展開している大きな事務所です。
シンガポールオフィスが全てを統括しています。24時間以内の回答を心がけているということで、アクションが早く助かっています。
日本人担当者が在籍しており、国際会議でよく顔を合わせます。

Allen & Gledhill
http://www.gledhill.com.sg/
シンガポールが主の事務所です。インドネシアとマレーシアに提携事務所があります。Ms. Low Pei Linという優秀な弁護士がいます。
彼女とも国際会議で顔を合わせます。シンガポールで昼食をご馳走になった借りを未だに返せないままです。

KELVIN CHIA partnership
http://www.kcpartnership.com
シンガポールに本社を置く法律事務所です。9つの事務所を持ち、本部のあるシンガポールを始めとして東南アジア全域に展開しています。
男性の日本人担当者が在籍しており、彼とは国際会議で顔を合わせると飲みに行ったりします。

 

  China – 中国提携事務所 –

line

永新専利商標代理有限公司(NTD PATENT & TRADEMARK AGENCY LIMITED)
http://www.chinantd.com
中国への出願はすべてここに出しています。日本語で出願が可能ですが、事務所とのやり取りは英語です。
1987年に開設され、中国政府により最も早い時期に指定された4つの渉外特許商標代理公司の1つです。

 

  South Korea – 韓国提携事務所 –

line

Y.S. Chang & Associates
http://www.yschang.co.kr
当所の韓国出願は、ほぼこの事務所を使用しています。英語及び日本語に精通した弁理士やスタッフを抱える、韓国で永い歴史を持つ事務所です。
日本語でのニュースレターなども定期的に発行しており、現地からの情報発信も秀でています。

 

  Malaysia – マレーシア提携事務所 –

line

Wong Jin Nee & Teo
http://www.wjnt-law.com
英国などの大学で学んだ精鋭が集まっているクアラルンプールにある事務所です。メンバーの中にMr. Chong Tze Lin という弁護士がいます。
彼はとても真面目で礼儀正しく、奥さんや子供さんを連れて日本へ旅するのが夢だそうです。

 

  Vietnam – ベトナム提携事務所 –

line

D&N INTERNATIONAL
http://dnlaw.com.vn
Ms. Dang T.H.Thuy という女性のパートナー弁護士がいます。彼女はとてもアクティブかつ知性を備えた女性で、日本の桜の大ファンです。
最近ベトナムの若者には日本より韓国のほうが人気があると嘆いています。
韓国済州島の国際会議の時には会場内ではなく、近くの韓国料理屋へ
一緒に食べに行きました。下町ウォッチングも趣味らしいのです。

 

  Phillipine – フィリピン提携事務所 –

line

GANCAYCO,BALASBAS & ASSOCIATES
http://www.gancayco.net
パートナー弁護士のMr. Pablo M. Gancayco は極めて陽気な弁護士です。奥様も弁護士で、しかもプロの歌手です。
彼にもマニラで夕食をご馳走になった借りをお返ししなければ。国際会議では顔を合わせるのですが。

 

  Germany – ドイツ提携事務所 –

line

KRAMER・BARSKE・SCHMIDTCHEN
http://www.patenta.de
パートナー弁理士のMr. Schmidtchenは熱烈なサッカー(バイエルンミュンヘン)ファンです。
私は欧州に出向く頻度が少ないため、彼が日本に来たときに会うか、通常はFAXやメールでの連絡です。欧州出願は現在全てここに出しています。
料金はやや高めですが(以前の事務所に較べると)仕事はとても丁寧ですのでお客様の様々なご要望に添えると思います。

 

  The United States – アメリカ提携事務所 –

line

J-TEK LAW PLC
http://jtek-law.com
所長の特許弁護士Mr.Tekanicは5年ほど名古屋の大手特許事務所に在籍していました。彼とはこの時に知り合いました。
その後は当所の提携先でもある、ドイツKRAMER・BARSKE・SCHMIDTCHEN事務所に5年ほど勤務し、約2年前にワシントンで開業しました。
彼は非常に良く勉強しています。仕事も迅速かつ丁寧、メールの応答も早いので最近の米国出願は全てここに出しています。

■2012年5月/2011年5月にJ-TEK LAW PLCからJeffery D.Tekanic氏が来名され、インタビューを行いましたのでこちら»でご覧ください。

 

お問い合わせ

Comments are closed.